FC2ブログ
プロフィール

akatuki00

Author:akatuki00
はじめまして★
生まれも育ちも西宮で、西宮で開業した弁護士としての日常を、法律のことのみに縛られず、肩の力を抜いて思いつくままに綴っていきたいと思います。これまでの人生,日記など付けたことがないので、これをきっかけに続けてみたいと思います。このブログで、弁護士をという職種を身近に感じていただければ幸いです。
現在,兵庫県西宮市寿町4-22の「あかつき法律事務所」(TEL 0798-34-1780)にて執務中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

正当防衛か過剰防衛か

おはようございます。
3連休は天気に恵まれ行楽日和でしたが、連休明けからは一転、台風の影響で朝からどんよりした天気です。

さて、先週は、地元タイガースがカープに敗れ、日本代表がセルビアに完敗するなど、スポーツ関連の残念なニュースが多かったです。
しかも、放映料の問題で、ワールドカップの中継がされない可能性が高まるなど、散々です。
販売側も、買ってもらわないと意味がないでしょうし、ワールドカップを楽しみにしている視聴者側のことも考えて、何とか折り合いをつけて欲しいものです。

さて、先日、ナイフで脅され強姦されそうになった女性が、加害者からナイフを奪い、加害者の太ももを刺し死亡させるという事件があり、正当防衛の成否について議論がなされいます。
正当防衛が成立するには、簡単に言うと当初の加害行為と反撃行為の均衡が必要です。
今回の場合は、ナイフで脅され、強姦されそうになったわけですから、最悪、強姦致死の可能性すらあったものです。
これに対して反撃行為は、太ももを1回刺したというものです(その後、死亡)。
結果死亡しているので過剰防衛(この場合、減刑、免除はありえますが罪自体は成立します。)になるのではないかという意見もありますが、おそらく正当防衛が成立するとして不起訴にするのではないかと思います。
心臓や頭ならともかく、太ももを刺しているわけで、殺意があったとはいえず、むしろ逃走(回避行為)するために加害者の足を狙ったといえ、死亡という結果はまさに想定外だったはずです。
しかもナイフも加害者が所持していたものですし。
どのような処分になるのか気になりますが、どのような処分であろうと被害女性に対して寛大な判断をしてもらいたいです。

2013.10.15(Tue) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://2009akatuki.blog134.fc2.com/tb.php/228-4d6ae1aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可