fc2ブログ
プロフィール

akatuki00

Author:akatuki00
はじめまして★
生まれも育ちも西宮で、西宮で開業した弁護士としての日常を、法律のことのみに縛られず、肩の力を抜いて思いつくままに綴っていきたいと思います。これまでの人生,日記など付けたことがないので、これをきっかけに続けてみたいと思います。このブログで、弁護士をという職種を身近に感じていただければ幸いです。
現在,兵庫県西宮市寿町4-22の「あかつき法律事務所」(TEL 0798-34-1780)にて執務中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

不祥事

おはようございます。
この週末はお天気も良く,行楽日和だったので,お出かけされた方も多いのではないでしょうか。
今年の夏は,数年ぶりにエルニーニョ現象が起こっているため,冷夏になると言われています。
と言っても,実際,夏になってみないとわかりませんし,去年に比べると多少マシといった程度でしょうから,快適な夏でないことは間違いありません。

以前にお話ししましたが,司法試験合格後,実務に出る前に,司法修習生として約1年間研修を受けるのですが,その法曹の卵である司法修習生が不祥事を起こした(しかも地元神戸)との報道がありました。
神戸電鉄の電車内で女性の足元を盗撮したとして,兵庫県県警は,13日,県迷惑防止条例違反の疑いで神戸市北区の司法修習生(30)を現行犯逮捕した。同署によると「数枚撮影した」と容疑を認めているとのことです。
せっかく司法試験に合格したのに,こんなバカなことで台無しにするなんて,僕には理解できません。
少なくとも,僕が合格したころは,こんなくだらないこと(被害者の方にとっては大変な苦痛でしょうけど。)で人生を棒に振るような同期はいなかったです。
合格者の増やし過ぎの弊害としか思えないのですが…

2014.05.19(Mon) | 弁護士 | cm(0) | tb(0) |

法科大学院

おはようございます。
連休明けの初日,普段以上に仕事モードに切り替わるのに時間がかかります。
もっとも,先週1週間お休みだったところもあるので,当事務所はカレンダーどおり(しかも土曜午後は仕事でした。)のため,まだマシなのでしょうが。

さて,法科大学院を出なくても司法試験の受験資格が得られる「予備試験」の今年の志願者が約1万2600人に達し,学生離れが続く法科大学院の志願者総数を初めて上回ったそうです。
私自身,そもそも司法試験合格者増員自体の意味が理解できないのですが,合格者増員と法科大学院を法曹養成の中核に据える司法制度改革の手詰まり感が一段と鮮明になってきています。
ちなみに,昨年の司法試験では,予備試験経由の受験者は167人中120人が最終合格し,合格率は71.9%に達し,一方,法科大学院経由の最終合格者は1929人で合格率は25.8%でした。
数字だけですが,これを見ると,学費を掛けて法科大学院を出ても合格率は法科大学院に行かない人より低く,さらに司法試験に合格しても弁護士として仕事がない上,仕事をするにあたっては,自分が食べれなくても公益性を求められるということになります。
合格者が増えるだけでも,当然,質の低下が生じるのに,先行きも不安となれば誰が弁護士になりたいと思うのでしょうか??

★予備試験:司法試験の門戸を法科大学院以外にも広げる目的で2011年に始まったもの(試験のレベルが旧司法試験に獣ずるものかはわかりません。)で,同試験に合格すると,法科大学院を出ることなく翌年以降の司法試験の受験資格を得ることができるという制度。

2014.05.07(Wed) | 弁護士 | cm(0) | tb(0) |

弁護士の就職活動

おはようございます。
3月に入り,日の出も早くなり,春の訪れを感じます。
もっとも,春は花粉の飛散が本格化し,その後に,人体の許容範囲を超えた酷暑が来るので,これからの約半年は憂鬱です。
幼少のころは冷夏という素晴らしい夏もあったのですが,今では考えられませんね。

さて,現在,当事務所に修習生が来ているのですが,ストレートで合格した超若手なので,すでに就職先が決まっています。
我々のころは,渉外事務所を希望する若手合格者は早々に就職先を決めていましたが,あくまで例外,少数派でした。
もっとも、その後,年々,採用時期は早期化し,現状の話を聞くと,司法試験合格発表前に就職先が決まっているという人もいるらしいです。
司法試験の合格も決まっていないし,司法試験に合格しても,その後,司法研修所の卒業試験もあるのに,超フライングで就職活動が行われているようです。
合格者間の格差の問題も聞きますので,採用するに値する人材が欲しければそれだけ早く採用活動を開始しないといけないのでしょうか?
司法試験合格前に採用するとなると,一体,司法試験という資格試験は何のために存在するのか疑問を感じます。

2014.03.03(Mon) | 弁護士 | cm(0) | tb(0) |

ゴールデンウィークも終わり

おはようございます。
ゴールデンウィークも終わり、これから7月15日の海の日まで祝日はありません。
さて、今年のゴールデンウィークは例年より気温が低く過ごしやすかったです。
この感じで、気温が上がらず冷夏だとありがたいのですが…
そう言えば、ゴールデンウィーク中に残念なニュースが飛び込んできました。
成年後見人として預かっていた1千万円の定期預金を横領したとして、東京地検特捜部は1日、元東京弁護士会副会長の弁護士松原厚容疑者(76)を業務上横領容疑で逮捕しました。
逮捕容疑は2010年3月、当時、成年後見人として財産管理していた女性の定期預金を無断で解約し、払い戻された現金1000万円を自分の名義の口座に入金して横領した疑いです。
東京弁護士会は「弁護士に対する社会の信頼を損なうもので、重大な事態と受け止めている」とする菊地裕太郎会長名の談話を出し、松原容疑者の懲戒手続きを進めているとのことです。
しかし、なぜこのような問題が起きるのかという根本的な部分を改善せず、問題化したものだけをとらえてモグラ叩きをしても意味がないです。
本来であれば、新人弁護士をイソ弁(先輩弁護士のもとで給料をもらいながら実務経験を積む立場の弁護士)として雇い後進を育てる立場の弁護士が、このような事件を起こすのですから、世間の好景気感とはかけ離れて弁護士業界の不景気は尋常ではありません。
某テレビ番組で、成功者が自身の年収や生活ぶりなどを公表し、後進の人が夢を持てるように公表したと言っていましたが、今の弁護士業界は、弁護士になってまず就職難に直面し、その後、経営難に直面するという夢も希望もない業種になってしまっています。

2013.05.07(Tue) | 弁護士 | cm(0) | tb(0) |

10月

おはようございます。
週末に台風が通過したこともあり,今朝は朝から涼しいですね。
気が付けば今年も10月になり,今年も残り3か月となりました。
事務所を開設したのが,2009年10月なので,事務所も丸3年となりました。
この間,色々なことがありましたが,職員を筆頭に,周囲の皆様のお力添えで,何とか4年目を迎えることが出来ました。
この場を借りてお礼申し上げます。
さて,先週25日,自らが担当した被告(当時)から,判決確定前に飲食の提供を受けたとして静岡地検は40代の男性検事を同日付で戒告の懲戒処分としたと発表しました(同検事は同日付で依願退職)。
地検の発表によると,同検事は2009年1月9日,県内で,自ら捜査・公判を担当し,執行猶予付きの有罪判決を受けた被告と判決確定(言渡しの翌日から2週間)前日に食事し,5000円未満の料金を支払ってもらったとのこと。
地検の調査によると,確定した判決は検察側が控訴するような内容ではなかったため,この食事代が,控訴しない見返りとなった形跡はなく,被告の捜査・公判に手心を加えた形跡もなかったようです。
しかし,事実関係や量刑などが争われる事案と異なり,事実や量刑に争いのないものは,ほぼ検事の求刑通りの判決が出るので,争いがないものほど厳格にすべきとも言えます。
弁護士と異なり,検事個人の個人情報を得るのは極めて困難なので,検事自らが連絡先を教えるなどしたのでしょうか。
はたまた偶然街中で会ったのでしょうか。検察庁前で待ち伏せでもされたのでしょうか。
いずれにしても,魔が差したといえばそれまででしょうが,軽率ですね。

2012.10.01(Mon) | 弁護士 | cm(0) | tb(0) |